ホーム > 印刷・カラーについて

印刷・カラーについて

こちらのページでは、印刷の種類とカラーの注意点についてご説明いたします。

当社では、印刷も都内自社工場でおこなっております。紙袋やポリ袋などの商品への印刷はもちろん、チラシ作成やショップカードの作成なども承っておりますので、お気軽にご依頼ください。当社で対応可能な印刷の特徴についてご紹介いたします。

印刷について

オフセット印刷

現在、最もポピュラーな印刷方法。印刷個所だけにインクが付着する特殊な版を使って、印刷をおこないます。版から一度ローラーにインクを転写させ、そのローラーから紙に印刷をするので、オフセット(版が直接紙に触れない)印刷と呼ばれます。印刷がきれいで、大型印刷や大量印刷に向きます。

当社では、オフセット印刷機を2種類保有。板紙印刷・カタログ・製本・チラシ・DM・提札・ポスター・包装紙・各種ディスプレイの製作などに使用しています。

軽オフ印刷

軽オフ印刷は軽オフセット印刷の略で、通常のオフセット印刷の版がアルミ製であるのに対し、軽オフ印刷は紙で版を作製。大量印刷には向きませんが、コストを削減します。当社では、名刺・ハガキ・封筒・複写伝票・領収書・賞状・パンフレットなどの製作に使用することが多いです。

CTP印刷

通常のオフセット印刷がフィルムを使って版を作るのに対し、データから直接版を作製して印刷をおこなうのがCTP印刷です。こちらはフィルムを作る手間やコストが省けますので、小ロットでも対応できます。

グラビア印刷

凸凹をつけた版全体にインクを付着させ、その後凸部のインクを取り除き、凹部に残ったインクで印刷をおこなう方法です。写真を美しく表現することができるので、雑誌のカラー印刷などに使われます。

UV印刷

印刷方法はオフセット印刷と同じですが、UVインクという特殊なインクを使います。このインクはUV(=紫外線)を照射すると瞬時に乾燥するので、乾燥待ち時間をカットすることができます。さらに、通常のインクでは印刷の難しいアルミホイル材や、インクの無臭性を重視する食品関係のパッケージなどに使われます。

箔押し

熱と圧によって、箔を素材に転写する方法です。加圧するため、印刷部は凹状になります。ホットスタンプやホットプレスとも呼ばれ、通常の印刷では難しい、金や銀など金属色の文字やロゴを印刷するときに多く採用されます。

オリジナルカラーの商品をご希望の場合、カラーを指定していただく必要があります。

当ホームページでは、さまざまなサンプルカラー(素材)を掲載しておりますが、モニターなどの事情により、実物とは多少異なる場合がございます。予めご了承いただいたうえ、あくまでご参考程度にご活用ください。

ご連絡いただければ、サンプルをお送りすることもできます。お気軽にご相談ください。

カラーについて

サンプル帳

各メーカーの実物サンプルをまとめてある冊子のことです。実際に使用される素材・カラーが確認できますので、オリジナル商品を製作する際は、一度ご確認することをおすすめいたします。

DIC(ディック)

大日本インキ化学工業株式会社が定めたカラーサンプルのことです。4色のインクのかけあわせでは表現のしづらい色を印刷したり、確実に希望する色を出したいときなどに使います。

DICカラーガイドと呼ばれる冊子に、さまざまな色のサンプルと番号が掲載されており、その番号を印刷の際に指定することで、ご希望通りの色を出すことができます。

PANTONE(パントーン)

アメリカPANTONE社が定めたカラーサンプルのことです。DIC同様、4色のインクのかけあわせでは表現のしづらい色を印刷したり、確実に希望する色を出したいときなどに使います。

色見本帳に、さまざまな色のサンプルと番号が掲載されており、その番号を印刷の際に指定することで、ご希望通りの色を出すことができます。

※印刷方法やカラー指定については、ご提案をさせていただきますので、お気軽にご相談ください

ページトップへ


株式会社 梅商 〒133-0061 東京都江戸川区篠崎町6-15-24
Tel:03-3678-8776 Fax:03-3678-8742 E-mail:info@bysho.com

アクセスマップ

COPYRIGHT(C) 2005 Bysho Co., Ltd. All Rights Reserved.
お問い合わせ